ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

セカンドオピニオン ~長文につき閲覧注意(笑)~



ぽこパパ、基本的に獣医さんを疑ってかかるってことはしない人なのですが・・・

というのも、いつもお世話になっているかかりつけの獣医さんは、このあたりでは規模も大きく

安心して任せられるところだし、ぽこはわが家に来てから9年、すっとお世話になっていたから。

でも、ぽこの乳がんの今後の治療方針については、かかりつけの獣医さんの言うことには納得いかず・・・。




というのも、ぽこの乳がんについて、そして治療についてあれこれ調べました。

めずらしく、結構まじめに。

自分のことなら、こんなに調べないのに(笑)




ほとんどの獣医さんが、片方の乳腺を全摘出したあと、もう片方の乳腺も予防的に全摘出を勧める

ということも分かりました。 それはまぁ、受け入れよう。

今の左側乳腺の傷が完全に治る秋くらいには、右側の全摘出もしようかと言う気になってきた。

が・・・。

ぽこの病理検査結果にある所見からみて、抗がん剤を利用するというのは全く理解できない。

しかも、かかりつけの病院は毎週または2週に一度のペースでしろという。

(抗がん剤って意外と高くて、1回3万円くらいするらしい)

まぁね、病理検査で転移している可能性があるという結果がでたなら仕方ないのかもしれない。

でも、見つかったがんは悪性と言ってもほとんど転移することのない低悪性。

加えて、がん細胞はすべて取りきれていて、転移の兆候もない。

それでも、抗がん剤を・・・というのはどういう理由からなのか?



先日のぽこの手術の経過を見ても分かるとおり、乳腺の全摘出はぽこにとってかなり負担がある。

抗がん剤だって相当の副作用がある。(獣医さんは人間ほど顕著ではないというが・・・)

そんなものを納得のいかないまま、ぽこに受けさせるわけには行かない

ということで、ぽこパパにしては珍しく、他の獣医さんに意見を求めてみた。




20020522-0003




そう、いわゆるセカンドオピニオン。

オニオンではありません。

2箇所で意見を求めました。

ひとつは、ネットで。「教えて獣医さん!」というサイトです。

Yahoo知恵袋みたいに質問すると、獣医さんが答えてくれます。

もうひとつは、相模原市にある動物病院の先生で、獣医がん学会腫瘍科認定医にもなっているがん治療の

専門の方です。ブログ大好きな方には、「はぐれ獣医 純情派 ~異論!ワン論!Objection!~」で

おなじみの動物病院の先生と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

(ブログを書いているのは別の先生です。その先生はその先生で皮膚科が専門で海外の学会でも講演を

したりするほど実績のある先生みたいです。詳しくは知りませんが・・・)




まず、1つめ。

教えて獣医さんのほうでは、ぽこパパが予想したとおりの回答・・・。

残る右側乳腺の全摘出をするのはありだろうけど、抗がん剤を使うというのはちょっと・・・

という回答でした。でもまぁ、あくまでネット上で質問をしているだけで、ぽこを実際に診てもらった

わけではないですし、たぶん、質問の書き方自体、ぽこパパの意向が色濃く出ていてお世辞にも客観的な

意見を求めるような内容ではない! というのも理由にあるのかもしれません。

ま、言ってみれば質問自体が、回答をリードしているというか・・・。



ということで、2つ目のがんの専門医に実際にぽこを診てもらって意見を求めました。

先の病理検査の結果と術前・術後の血液検査結果を持参して。

この病院で新たに触診、聴診、血液検査、レントゲン、エコーもしてもらい・・・。

あ、ぽこパパは自分がどのようにしたいと考えているのかは、一言も言いませんでした。

ぽこパパに迎合するような意見を言われたくなかったので。

やはり、かかりつけの獣医さんと同じ意見なのか、ネットの回答と同じ答えが返ってくるのか?

それとも全く別な、専門医ならではの違った治療法が出てくるのか!?

などなど、考えていたのですが。 返ってきた答えは、



何もする必要はない。



でした。 ちょっと拍子抜け。

もう少し詳しく言うと、この1年は、3ヶ月に1度のペースでレントゲンと血液検査をして

転移や再発の有無を確認すること、2年目以降は半年に1回していくこと、というのが条件につきます。

この専門医の先生いわく、片方の乳腺を全摘出したあと、もう片方の乳腺も予防的にすべて取るというのは

古い獣医さんの考えであると。

確かに乳がんを予防するという意味では効果はあるかもしれないけれど、ぽこくらいの年齢になると

乳がん以外のがんが発生する可能性も高いわけで、あえて今、ぽこに負担をかけて残りの乳腺の全摘出を

する必要はないだろうと。

それに、病理検査の結果を見ても、転移の兆候もないのに抗がん剤はありえないと・・・。

ぽこのかかりつけの獣医さんは、獣医学のテキストに書いてあることを、書いてある通りに言っていて

ぽこの実情にはあっていない・・・。ということだそうな。






そうか・・・・。





あまりにもあっさりとした回答で、ちょっとびっくりでございます。

専門の先生だけに、抗がん剤じゃなくて最近注目の免疫療法をしましょう♪

                       ↑↑↑
                 これ、月に10万円くらいかかるらしい。


とか言ってくるのかと思ったけど、何もしなくても良いのか。

それはそれで、ちょっと不安が無きにしも非ず・・・ なんだけど、いろんな治療のオプションをもつ

専門の先生にして「何もする必要はない」と言うんだもんねぇ。

きっとそれが、ベストな選択なのでしょう。

ということで、わが家はかかりつけの病院をこれまでの病院から、この病院へ鞍替えして・・・

これからも、ぽこの経過を観察していくことになりました。

あ、ぽこの他の検査結果はすべて問題なしで、加齢に比べ健康そのものなんだそうです。

背骨だけは要注意だといわれましたけど・・・。(これは昔からですから)






ちなみに、来週はミルカどんに犬ドック検診を受けさせることにしました^^











※ 記事中のイラストは、商用利用可の無料イラスト素材集「ピクト缶」の素材を加工して使用しています。







スポンサーサイト

| ぽこの乳腺腫瘍 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

乳腺腫瘍についての覚え書き

ぽこのがんについての覚え書き。

というか、病理組織検査の結果とか紙だと失くしてしまいそうなので^^ゞ

今後の長く続くであろう治療のなかで振り返れるようにアップしておきます。

なので、皆さんスルーでよろしくお願いします^^ゞ

あと、難しい用語とか調べていたので、

他に同じような病気になったわんこの飼い主さんの参考になればと思い・・・。

ならないかもしれないけど・・・。



たぶん、この先、ぽこの治療が進んでぽこパパの調べることが増えていくたびに

このページも内容が増えていくことと思います・・・。





 ぽこに見つかった腫瘍の場所・病名

ぽこお腹2


A、B  いずれも低悪性度の乳腺混合腫瘍

C    低悪性度の乳腺腺癌

D    良性乳腺混合腫瘍

E    良性筋上皮細胞腫

F    脂肪腫




 手術

最も大きく悪性と思われたのは A (ぽこパパが発見したのもA)だったので、左側乳腺と後ろ足根元の
リンパ節の全てを摘出。
右側にあるC,D,Eについては部分的に摘出。
Fは聞いてなかったのだけど、「脂肪の塊りがあったから、ついでに取っといたよ♪」といわれた程度。



 病理組織検査の結果 ~組織所見~

A,B,Dは、いずれも 乳腺上皮細胞と筋上皮細胞の腫瘍性増殖からなる混合腫瘍です。

A,Bでは、乳腺上皮成分の異型性は軽度~中程度であり、核分裂像は少数です。
腫瘍細胞は不規則な腺腔や管腔を形成しながら増殖しています。筋上皮成分の異型性は比較的経度であり、
核分裂像は少数です。腫瘍細胞は紡錘形や多形成を呈し、粘液やコラーゲンを形成しながら、そして充実性に
増殖しています。肉腫成分の形成は認められません。

Dに悪性所見は認められません。

Cは乳腺上皮細胞の腫瘍性増殖からなります。腫瘍細胞は部位により軽度~中程度の異型性を示しています。
核分裂像は比較的少数です。腫瘍細胞が扁平上皮化生する部位も見られます。扁平上皮癌成分は認められません。

Eは乳腺筋上皮細胞の腫瘍性増殖からなります

標本上では、いずれもマージン(-)であり、脈管内浸潤や左ソ径リンパ節転移も認められません。

Fは脂肪細胞の腫瘍性増殖からなります。腫瘍細胞には大小不同が認めれますが、それ以外の異型性や
核分裂像は認められません。本標本上、正常組織を巻き込みながらの増殖は確認されません。壊死や炎症も
認められません。脈管内浸潤も確認されません。


 病理組織検査の結果 ~コメント~

A,B,C,D,Eはいずれも乳腺組織に由来する腫瘍性病変です。

A,B、Cは、乳腺上皮成分がやや活発に増殖していることから悪性に分類されます。
その悪性度はいずれも比較的低いものです。これらのような低悪性度の腫瘍が転移を起こすことは稀と
考えられ、本標本上、マージン(-)で脈管内浸潤も認められませんが、しばらくの間は経過観察する
ことが賢明です。

D,Eはいずれも良性に分類され、これらに関しては問題ありません。

残存乳腺部に関する経過観察も必要です。

Fは脂肪細胞に由来する良性腫瘍です。脂肪腫は一般的に切除によって治癒します。



 ぽこパパの覚え書き

異型性

正常細胞ががん(癌または肉腫)になる場合、細胞内の核に変化が現れる。その変化の度合いのことを指す。


充実性

増殖する細胞が中身の詰まった細胞の塊であることを指す。
反対に胃袋のような空洞のあるものや袋状のようなものは、腺腔や管腔などという。


マージン

切除した腫瘤のまわり(つまり体内側)に腫瘍が残っているかどうかをあらわす。
マージン(+)またはマージン陽性は、体内に腫瘍が残っていることを意味する。
マージン(-)またはマージン陰性は、体内に腫瘍が残っておらず、腫瘍がすべて取りきれている
ことを意味する。


脈管内浸潤

腫瘍が自ら血管(新生血管)をつくり、体内の血管と結合しているかどうかを意味する。
脈管内浸潤があると、腫瘍が血液を通して全身に転移している可能性が高くなる。
ただ・・・これだと、血行性転移の有無については分かるけど、リンパ行性転移の有無が分からない?




 参考資料

がん転移のメカニズムとは、打開策はあるのか」(がんサポート情報センター)

再発・転移の基礎知識と考え方」(がんサポート情報センター)

がんについての解説」(星ヶ丘厚生年金病院)

犬の乳腺腫瘍」(山本動物病院 日本獣医がん学会腫瘍科認定医)





| ぽこの乳腺腫瘍 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「いぬのきもち」のふろくで遊ぶ・・・。

シュッ、シュッ、シュッ、シュー

そいやーさーさー♪




あかん・・・

昨日の you tubeのベジタリズムの曲が頭から離れないです(笑)

ぽこパパが昨日、はじめてあのPVを見たときの再生回数は 235,000回くらいだったんですが、

丸1日経って見てみたら、286,000回まで増えてました Σ(・ω・ノ)ノ  1日に 50,000回( ̄○ ̄)

みんな、頭から離れないんだろうな(爆)




さて、昨日は晴れているかと思うと突然、大雨が降ったりと不安定なお天気で・・・

少しくらいお散歩に行こうかと思っていたのですが、さすがに泥跳ねはまずいので

家の中で遊んだだけのぽこミルカです。




20120504-01.jpg

 おっ! 新しいおもちゃやなぁ~




そうそう^^ いぬのきもちの付録やで♪

120cmくらいあるロープです。これは長くていいね!

じゃあ、さっそく引っ張りっこするぞぉ~~!!

って遊び始めたんだけど・・・

よく考えたらあまりお腹を力ませたらまずいかな?

と思って、ぽこパパが歩き回ることでぽこに追いかけさせて

お腹に力が入らないような遊び方にしました。




20120504-02.jpg




こういう初物のおもちゃを持ってくると、必ず食いつくのはぽこりん。

怖がって、様子を見るのがミルカどん。

でも、ぽこパパとぽこが楽しそうに遊んでいるのは羨ましいので・・・

なんとか遊びに加わろうとするんですが、でも新しいおもちゃは怖い!

みたいな(笑)

そんな様子を動画に撮ってみたので、良ければ視てください^^









ちょっとカメラの場所が悪かったけどーー;

もうちょい、新しいものにも食いつきが良いと遊びやすいんだけどなぁ~




20120504-03.jpg

 一緒に歩いてるだけでも楽しいからいいね~~ん




運動してくれなきゃ、困るんだよね~

ダイエットしなきゃだからさっ!

そうだっ!

ミルカも、ベジタリズム踊ってみる???(笑)





ちなみに・・・ ぽこりんの術後の経過ですが。

(手術創の写真を出すので、興味のない方はここで閉じてくださいね)






20120504-05.jpg




右側乳腺から摘出した部分の傷は、ずいぶん治ってきたようです。

赤くなっていた腫れも引いて、もう平気かな。




20120504-06.jpg




全摘出をした左側乳腺も、腫れはほとんどなくなりました。

でもまだ、後ろ足付け根あたりにある、こりっとした塊りが取れないのでまだまだって感じ。

右側の傷口と比べると、縫い目もちゃんとくっついているのか?

いまいち、よく分からないですねー。



ただ、これが治ったら今度は右側の全摘出をするのか、抗がん剤で行くのか?

考えないといけません。 どうしてあげるのが良いのか・・・。




| ぽこの乳腺腫瘍 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ぽこが帰ってきた^^

ただいまぁ~ ぽこやでぇ~ (^-^*)/

0001-20120424.jpg

 みんな、お利口にしてたー???




お利口にしてた? じゃないでしょ(`・ω・´)

ぽこのこと心配してくれていたんだから。ちゃんとお礼を言わないと!!




0002-20120424.jpg

 ん・・・ ちょっとまってや、パパに甘えさせてあげるので忙しいからな・・・




こんなぽこりんで申し訳ない^^ゞ

ようやく入院生活を終えて昨日、わが家へ戻ってまいりました。

今回の乳腺腫瘍のことでは、みなさまにご心配をおかけしましたことお詫び申し上げます。

また、ぽこを応援してくださり本当にありがとうございました。

ブログの記事上で失礼ではございますが、お礼申し上げますm(_ _)m

このブログ。

おそらくはこれからも、ぽこミルカのことで浮き沈みの激しいブログになるとは思いますが

よろしければお付き合いくださいませm(_ _)m





さて、ぽこが帰ってきて




0003-20120424.jpg

 だれ? なんか知らん犬が勝手に入ってきたで???




消毒液のあまりの臭さに、戸惑うミルカどんです^^;

でも、帰ってきたのがぽこりんだと分かると




0004-20120424.jpg

 あ、おねーちゃんだぁo(≧ω≦)o



この笑顔^^

そして、まだまだ安静が必要だというのに、二人で遊び始めちゃいました。

まぁ、2人ともがんばってくれたからな。

ちょっとだけ遊ばしてあげるか^^









1週間、狭い檻の中に入れられていたぽこりん。

やはり体がなまっているんでしょうね?

ちょっと遊んだかと思えば、すぐに横になって寝てしまいました。




0008-20120424.jpg




病院だと、他のワンコやニャンコの泣き声も臭いもするし

知らない人もいっぱいいるから落ち着いて眠れなかったでしょうね。

ほんとに安心しきった顔でスヤスヤ寝ています。



ぽこりん、お疲れさま。 そして、よく頑張ったね☆

これからは、パパとミルカも一緒だからね! 今日はゆっくり休んでね。



そして、この人。

ぽこがいないときはどっぷり落ち込んでパパに甘えて来なかったのに・・・




0007-20120424.jpg




ぽこが帰ってくると、ぽこパパに甘える(笑)



| ぽこの乳腺腫瘍 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

病理検査の結果が出た。

こんにちはぁ~ ミルカやでーヽ(´∀`。)ノ

20120421-0001.jpg

 チューリップが欲しい人は早くおいでやぁ~^^ はよせな、なくなるで~о(ж>▽<)y ☆




ちょうど満開になってます。この週末がチャンスです。




20120421-0002.jpg




畑の中に、チューリップ1本。

ザ・生命力




20120421-0003.jpg




ぽこりんは、昨日の朝と夜に40度近い発熱があったあと、今は落ち着いているようです。

食欲もあるし、トイレもふつう。

ただ、手術をした傷口周辺の腫れやむくみはいまだ取れていないので、退院はもう少し先とのことでした。




20120421-0004.jpg




病理検査の結果も届きました。

手術は3箇所切除と聞いていたのですが、検体としては6つ。

乳腺の全摘出をした左側の腫瘍(2つ)は悪性。

一部摘出をした右側乳腺の1つは悪性、2つは良性、1つは腫瘍ではなく脂肪の塊。

悪性のものも、その悪性度は低く血管やリンパ節などへの転移は今のところないそうです。

また、手術により腫瘍はすべて取りきれている様子。

とまぁ、結果だけ見ていると大成功!!



なのですが・・・



最初のほうの記事でもさらっと書いたとおり、一番始めの診察で大きなミスをしているんです。

初診をした先生は、しこりが腫瘍なのか、何かの虫刺されなどによる腫れなのかを見ようと言うことで

しこりに注射針を刺して細胞の一部を取り出して、顕微鏡で観察すると言うことをしたんですね。

実はこれ・・・ 刺した場所(言ってみれば血管を破って針をさすわけなのですが)から、腫瘍が血管内に

流れ込み、がんが全身に転移する可能性があるんです。

そういう診察をしたと聞いた院長先生、その初診をした先生に

勝手なことするんじゃないよーっ!!

と怒鳴りつけておりました。本当なら、あれこれ検査をして手術するかどうか? 2~3日考えて・・・

と言うのがふつうの流れなのですが、こういう経緯もありまして、今すぐに手術しないといけない!

となり、診察をしてもらったその日に即入院となったのです。

ということで、確かに今現在は転移は認められない。

そして、手術をした検体にもそのような兆候は見られない。




なのですが・・・・。




| ぽこの乳腺腫瘍 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。