ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

こんなのあり?

あ、ぽこミルカネタじゃないので、興味ない方はスルーでね。



財務省の国債についてのFAQに、こんなのがあったんです。

Q. 日本が財政破綻した場合、国債はどうなりますか


これに対して、財務省の答えは・・・

A. 国債は政府が責任を持って償還いたしますので、ご安心ください(`・ω・´)



おーいっ!! こんなFAQが許されるのかよー
ちょっと、コーヒーを噴き出しそうになりました。
銀行に住宅ローンとか借りに行ってさ、お勤め先での収入が下がってしまったら・・・?
みたいな質問されたときに、

下がりませんから安心して貸してください(`・ω・´)

とか答えたら絶対、審査通らないよね(笑)
たぶんこれ、個人向け国債を想定したFAQだと思うんだけどさ。
確かに、官僚の面子を保つためにデフォルトはさせないかもしれない。
でも、その副作用的なものでハイパーインフレで国債が紙切れ同然の価値に
なっちゃうんじゃないでしょうか。

まぁ、価値が紙切れ同然だろうがなんだろうが、償還さえすれば回答どおり
責任を持って償還したってことにはなるんだろうけどさ。
国民年金をみても分かるけど、65歳になって到底生活できるような金額を
給付できていなくても、「年金給付は行われているし、制度は破綻していない!」
といっているのと同じだよねぇ。


日本って、恐ろしい国だわね~


財務省FAQ 日本が財政破綻した場合、国債はどうなりますか
http://www.mof.go.jp/faq/jgbs/04be.htm




スポンサーサイト

| ぽこパパのひとり言 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

これもヤバイ。

世界中で話題の iPhone5に早くも脆弱性が発見されたそうですよ!!
これはやばいです。


iPhone 5にまたも脆弱性 50口径ライフルで撃つと壊れることが判明
ねとらぼ 9月25日(火)18時31分配信

バーン! 果たしてiPhone 5の運命は……
 iPhone 4S、新しいiPadに続き、iPhone 5にもやはり「ライフルで撃つと壊れる脆弱性」があることが確認されました。YouTubeに検証動画(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1209/25/news112.html)が投稿され、さっそく話題になっています。

ike_120925zeijakusei01.jpg

 検証に使われたのは50口径の対物ライフル。1回目の実験では、弾丸はやや上にそれたものの、見事カメラ部分を粉々に粉砕し貫通。さらに2発目の弾丸がボディ右側に大きな風穴を開けると、新品だったiPhone 5は見るも無惨な姿へと変わり果てました。

 実験しているのは、iPhone 4S、新しいiPadの時と同じRichard Ryanさん。iPhone 4Sでは後にこの脆弱性を解決する「1インチ装甲ケース」が発売されましたが、現状iPhone 5にはそういったケースの発売予定はなく、今のところ絶望的な状況となっています。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1209/25/news112.html




幸い、ぽこパパのiPhoneは4Sなので、装甲ケースが用意されているそうです。
早速、買ってこなければ~  ε===(っ≧ω≦)っ






| ぽこパパのひとり言 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

絶賛!人柱中(笑)

まぁ、こういうアップデートというのは飛びつくもんじゃないですねー。
ちょっと・・・いや、かなり失敗したかなぁ~というのが正直なところです。
噂のiOS6をインストールしてみました。


20120921-01.jpg


iOS6がリリースされた20日未明にインストールをしたんですが、
同じようにみんなが一斉にダウンロードしていたんでしょうかね。
すごい時間がかかってしまいました。1時間くらいかかったかな。
今回のアップデートでは、

  • mapがGoogleのものから、Apple独自のものへと変更。

  • Facebookとの統合

  • Safariの進化

  • siriの機能強化

  • Passbook


なんかが、イチオシみたいです。
ぽこパパは Facebookはしておりませんので、というかネットで本名出すとか冗談でしょ?
って感覚な前時代な人なので全く興味なしです。
siriも・・・ 遊び感覚では良いんでしょうが、どういう返事・・・
つまり、求めているものに対して正しい返事が来るか分からないサービスレベルのうちは、
自分で必要なアプリなりサイトを開いて自分で調べたほうが速いという感覚なので使っていません。
まぁ、siriが便利だなと思えるのは、ほんの短い文章で誰かにメッセージなりメールを送るとき、
自分で入力しなくてもsiriにお願いできるということでしょうか?
文章が長くなると、変換ミスとかが必ず出てくるのでイマイチなんですけど。
Passbookは日本でははやらないんじゃないでしょうか。
それより、NFCのほうが良かったのだと思うけど、アメリカではNFCよりもバーコードのほうが
普及しているらしいです。

インターネットブラウザのSafariは、サイトの表示スピードが格段に上がりました!!
びっくりするくらいのスピード向上です。
iOS6に上げてよかったなと思える唯一のポイントです。
ただ・・・



20120921-02.jpg



サイト側で指定している場合を除き、ブラウザ標準フォントでの表示指定になっているサイトでは
なぜか明朝体で表示されるという・・・
ゴシック体に慣れているものからすると、ちょっと面食らいます。


そして、そして、
ちまたで話題のAppleの新しいmap。
AppleがGoogleとの決別を宣言して、それまで標準搭載していたGoogle mapがなくなり
アップル独自のmapに変更されたのですが・・・。
ご存知の通り、これが予想以上に使えない。
一部、アップル信者さんの中にはナビ機能は良くなってるよとか擁護する発言もあるんですが・・・
Yahoo!ニュースなんかでも取り上げられたように



20120921-03.jpg



羽田空港が、なぜか大王製紙になっている。
というか、空港関係の名称はことごとく誤記されているようです。
駅の場所も全く正しくなく、とても使えません。
あと、コンビニのジャンルがガソリンスタンドになっていたり、
一部の有料道路が一般道路の扱いになっていたり。
わが家周辺では、区役所が飲食店のジャンルに分類されていました。
他にも、



20120921-04.jpg



わが家の最寄り駅から数駅の「すずかけ台」駅。
正しい場所にも表示されているのですが、なぜか東京工業大学のすずかけ台キャンパスの中にも存在します。
これ、あちこちの駅でこんなことになっていて、とても使えそうにありません。
アップルのサイトでは、この新しいmapの説明でこんな風に言っています。



20120921-05.jpg



確かに、新しい道を進んでいると思います。
ただ、みんなが求めているのとは違う道のような気がします。
なにより地図データが古すぎ!!
何年も前になくなっている店が表示されていたり、新しくできた道がなかったり。
有名どころで例示すれば、新東名高速道路がまだ表示されていません。
何のためのオンラインmapなのか、さっぱりわけが分かりません。
まぁね、
すべてはアメリカでのサービスを前提としたものなので、
納得のいかない部分があるのは仕方ないのかもしれません。
これから、Apple Japanから米国Appleへ不具合なり誤記の報告が入って
修正されていくのでしょうが・・・。


iOS6へのアップデートを検討している方がいらっしゃったら、
もう少し待ったほうがよいと思われます・・・。
各国の不具合報告に対応した iOS6.0.1あたりがリリースされるまで。
もちろん、使いにくさを楽しみ、むしろ不具合発見を喜ぶMっ気
たっぷりな人、人柱が好きな人はこれほど楽しめるソフトも最近では
あまりないかと思いますけどね。


ちなみに、WiFiへの接続も不安定になりましたorz...
ロック状態にしておくと、しばらくするとWiFiが切断されるんです。
そして、ロックを解除しても自動接続されない・・・。
当然、メールなんかもプッシュされないので困ったもんです。



※追記1 (2012.9.21/18:50)
WiFi接続の問題は、WiFiを一旦切断した後、iOSを再起動させると改善できたようです。
今のところ、勝手に接続が切れたり、自動接続されないという現象は起きていません。


※追記2 (2012.11.2/11:25)
iOS6.0.1がリリースされましたが、地図の改善は華麗にスルーされております。
というか、より酷くなってる感じ? わが家の最寄り駅が消えてるで~!?





| ぽこパパのひとり言 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

これはヤバイ。


うちのPCも中国で組み立てたやつなんだけど・・・
大丈夫かな。


マイクロソフト、中国で出荷時からマルウェアを含むPCを発見――工場でプリインストールか?
Computerworld 9月17日(月)11時50分配信


 米国Microsoftは、中国で出荷時のPCに、強力なボットネット・マルウェアがプリインストールされていたという、驚くべき証拠を公開している。

 中国でマルウェアの調査を行う「Operation B70」が開始されたのは2011年8月のこと。Microsoftの文書では、デジタル犯罪ユニット(DCU)が、中国内の様々な地域から20のブランドのPCを購入し調査をしたところ、そのうち4台がプリインストールされたバッグドア型のマルウェアによって感染しており、そのうち一つには既知の「Nitol」と呼ばれるルートキットが含まれていたという。


 調査チームが、Nitolの活動を追跡したところ、C&C(コマンド&コントロール)サーバが存在していることが明らかとなった。このマルウェアに感染させられたPCが、より大きなボット、おそらくDDoS攻撃を仕掛けるために使われることを突き止めたという。

 USBなどのリムーバブルメディアに自分自身のコピーを残すことによりNitolはプリインストールされていたPC以外にも広がっていく。

 NitolによってC&Cサーバでマルウェアをホストされた場合、マルウェア犯罪者たちにとっては、ほぼあらゆる問題行動が可能となる。キーロガや制御ウェブカメラ、検索設定の変更など、様々なことを犯罪者側が遠隔操作で行えるようになる。

 Microsoftは、長い間マルウェアがPCの製造中、もしくは製造後すぐにPCにインストールされているのではないか、という疑いを持っていたと述べている。

 Microsoftは調査結果を紹介したブログのなかで「特に不穏なのが、輸送、企業間移動などサプライチェーンのどこかの時点でPCにマルウェアがインストールされているということだ」と強調する。

 セキュリティ対策を加える前に、誰かが製造時にマルウェアをインストールしているという状況は、工程の後の方でセキュリティ対策を加えるというセキュリティ・システムそのものを見直さなければらならなくなる。

 加えて、エンドユーザーがこれらによるリスクを回避するには、既知の安全なイメージ・ファイルを用いて、オペレーティング・システム(OS)を再インストールするしかないだろう。

 「Operation B70」は、PCのセキュリティ状態が望ましくない状況に置かれている点を指摘しているとともに、サプライチェーンにおけるセキュリティに疑問を投げかけている。

 Microsoftは、すでに先週前半に、Nitolボットネットに指示するために使用されているC&Cサーバを制御するために米国裁判所から許可を取得したという。
(John E Dunn/Techworld.com)

| ぽこパパのひとり言 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

おーいっ!



auのホームページが開かない・・・。

iPhone 恐るべし。




| ぽこパパのひとり言 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。