ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

<< 2012-07- | ARCHIVE-SELECT | 2012-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

やっと理想的な形に・・・。

本日も快晴 な、ぽこみるか地方。

暑すぎて、日中はどこにも連れて行けません(><)

あと2週間くらいの辛抱ですね。



20120802-21.jpg



ということで、お散歩はもっぱら日が暮れてから。

ぽこパパ家は横浜と言っても田舎のほうの横浜なので、家の周りは田んぼや畑ばっかり。

とくに畑は、「浜なし」という梨の栽培をしている畑が多く、夕方になると

スプリンクラーみたいなので畑全体に散水をするんですね。



20120802-22.jpg



見えます???

水鉄砲みたいに、シュッと水が出ているのですが・・・。

これ、角度を変えながらシュッ、シュッ、シュッ、シュッて水を撒くんですけど

これがお散歩コースをひんやり冷やしてくれて、涼しいんだぁ~ (≧∀≦)

畑の中にだけ水が飛ぶようになっているので道路上に水を撒いているわけじゃないんですけど、

打ち水効果なんでしょうね。ちょっとしたオアシスです(笑)



さて、前置きが長くなりましたが・・・。



20120802-23.jpg



ミルカがわが家にやって来てからというもの、ぽこパパが外出でお留守番をしてもらうときは

ぽこは部屋をフリーで、ミルカはサークルに入ってお留守番

というのがルールになっていました。



20120802-24.jpg



これくらいのスペースだったんですけど。

もう1ヶ月以上前の話になるんですが、6月中旬くらいからミルカも

部屋をフリーの状態でお留守番してもらうことにしました。

ぽこミルカが、それぞれ必要なときに必要な場所で過ごせる状態が良いだろうと思うし。

暑けりゃ、玄関やお風呂場のような涼しい場所に移動したり、

寒かったり何か不安なことがあったら、2人で寄り添ってもらったり・・・。

ミルカは、わが家に来たころと違ってトイレの失敗もほとんどなくなったしね。

まぁ、たまにはあるんですよ・・・

ぽこパパが帰宅したら、部屋のど真ん中にブツが落ちていたりすることは orz...

それもまた、ご愛嬌ってことで・・・。



20120802-25.jpg



一番心配だったのは、ぽこパパの不在時に2人でケンカを始めてしまったとき、

ぽこパパが仲裁せずにケンカが止まるのか? ってことでした。

ミルカがわが家に来たころは、ケンカが始まるとぽこパパが止めに入るまで、

ずーっと、ケンカしっぱなし。怪我こそしなかったけど。

嫌なことをされたほうが、いつまでも追い掛け回して仕返しをするんですよね。

犬の世界でも女同士のケンカって陰湿で怖いなぁ なんて見ていたんですけど・・・。

これも様子をみていました。といっても見れるのは、ぽこパパがいるときですけど・・・

今年に入ったあたりから、何かの弾みでケンカが始まっても、どちらかがキャンと声を

上げればそこでケンカをやめるというルールが2人の間でできているように思います。

最近はケンカ自体をしないですしね。



20120628-021.jpg



むしろ、夜寝るときは、こんな感じで2人一緒にぽこパパのベッドにいるようです。

(写真は以前の使い回しです)

ぽこパパが帰宅してベッドを触ったら、2人が並んで寝ていたであろうぬくもりが残っています。

退屈になれば2人で駆けっこして遊んでいるようですし、雷がなったり物音がしたり、

なにか不安なことがあると2人でお風呂場のほうで隠れたりしているみたいです。




これでやっと、一緒に暮らしているメリットというか、姉妹で暮らしている

理想的な形にたどり着いたなぁ~って感じです^^




※ちなみに・・・

「浜なし」というのは梨の品種名ではなく、横浜市の果樹生産者の統一ブランド名だそうです。
品種で言うと、豊水、幸水、新水なのだそうです。
スーパーや青果店では販売されておらず、一部の生協や浜なし直売所のみで購入できるそうです。
浜なしとは - 横浜市環境創造局 -
スポンサーサイト

| ぽことミルカの徒然日記2 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。