ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ミルカの病理検査結果


先日の手術で取り出した腫瘍の病理検査の結果が病院に届きました。
診断結果は、低悪性度の腫瘍。
正式には、皮脂軟部組織肉腫といわれるものだそうです。

以下、診断書に書かれている内容です。

診断

皮脂軟部組織肉腫(低悪性度、グレードI)

初見

検査標本では、皮筋下の脂肪組織領域に広範な非上皮性悪性腫瘍組織が検出されます。
この部では、紡錘形細胞が多様な短く交差した束状または花筵(はなむしろ)状、渦巻き状、
そして指紋状に増殖しています。増殖する腫瘍細胞は、1つあるいは複数の明瞭な小型核
小体を持つ円~楕円形の正染性核そして細胞間不明瞭な好酸性細胞質を有しています。
核の大小不同性・多様性は、軽度から部分的に中等度で、核分裂像は高倍率1視野当たり
1個以下で検出されます。良性悪性分類に従うと、低悪性度の範疇と判断されます。

付記

検査標本では、低悪性度と判断される皮膚軟部組織肉腫(グレードI)が検出されました。
考慮される腫瘍組織には、悪性末梢神経鞘腫あるいは悪性血管間皮腫(犬の血管間皮腫)が
あげられます。これらの腫瘍組織は通常成長が遅い浸潤性の肉腫で、四肢または体側表面
に最も多く検出されます。腫瘍組織の生物学的挙動の特徴は、局所再発性が高いので患部
の密なモニターが必要です。


このような内容の診断結果とともに、先生からは
・低悪性度のため現時点では抗がん剤や放射線治療は副作用や麻酔のリスクのほうが大きく
 すすめない。(この腫瘍には抗がん剤が効きにくいのも理由の一つ)
・皮脂軟部組織肉腫はとても再発性が高い。
・今後は、同じ場所での再発あるいは肝臓、肺への転移の有無を定期的に検査していく
 必要がある

この3点の説明がありました。
手術では、良性ではなく悪性を想定した切除をしていて、腫瘍から約1cmほどのマージンを
取って切除してもらっています。
ただ、肺の伸縮をおこなう筋肉の近くだったため、あまり大きく切除すると呼吸不全などの
リスクがあるため、十分に取り切れているとは言えない状態です。
今後はここに取り残している腫瘍がなかったかを注意深く見ていくことになります。
定期的というのをどれくらいの間隔でしていくのか、どこまでの検査をするのか。
これはこのあとの検査結果次第です。
当面は、血液検査、レントゲン、エコーなどを抜糸のあと1か月後、3か月後、半年後に行います。
そのあとは、3か月ごとあるいは半年ごとに行っていくことになるようです。

これとは別にミルカが23日の夜から血便をしています。
病院に行ったのもそのためだったのですが、ちょうど結果がきているということで説明もしてもらいました。
血便のほうは、嫌気性菌というものが増えているということです。
おそらくは、痛みとお散歩に行けないというストレスから細菌バランスを崩しているのではないか?
ということで術後から服用している痛み止めなどとともに、こちらのほうのお薬もあわせて飲んで
いくことになりました。
つぎは、28日(月)に抜糸と術後合併症の有無の検査、細菌バランスの検査などをしてきます!



スポンサーサイト

| ミルカの皮脂軟部組織肉腫 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ミルカちゃん、心配。
病気なんてこの世の中から
なくなってくれたらいいのに。

| ☆るーまま☆さん | 2018/06/17 23:22 | URL |

☆るーまま☆さんへ

コメントありがとうございます。
ほんと病気なんてなくなればいいのにって思います。
将来、いずれはすべての病気が治せるようになって、病気で亡くなることのない世界が来るのでしょう。
あの時代の人たちは、病気で亡くなることがあったんだって… なんて言われる日がね。
ミルカはちょっと、再発が怪しいですね。
術後、血液検査を何度かしましたけど、それを疑わせる結果が続いています。
腫瘍が確認できないので、疑わしいという段階ですけど。気を付けてみていきます。

| ぽこちゃんパパさん | 2018/06/23 15:25 | URL |












<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>