ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ブログネタ

あなたのオススメの一冊 ブログネタ:あなたのオススメの一冊 参加中
本文はここから



ぽこパパは普段、あまり本を読む人ではないです。

だから、ブログを読んでくださっている方だと気づいていると思うけど、ぽこパパは前置詞やら

接続詞の使い方がヘンで特徴があります。

決して、脅迫文や怪文書を書いてはいけない人なんです(笑)


それはさておき、ぽこパパのオススメの一冊はこれ!



『 犬語の話し方 』 (スタンレー・コレン(著)、木村博江(訳)、文春文庫、2002年)



740円ほどのお手ごろな本です。

犬バカ丸出しではありますが・・・

ぽこパパが先代犬との生活の中で、間違った飼育をしてしまったことは先日暴露させていただきました。

そして、矯正を始めたことも。

そのとき参考にしたのがこの本です。


なにも、ほんとに会話をしよう!!というような、ペットコーナーに良くある胡散臭いおちゃらけ本とは違います。

犬本来の習性や行動パターン、カーミングシグナルを理解して、飼い犬が何を考え、何を求めているのかを

知るための手がかりをこの本は与えてくれます。

ず~っと前に書いた「しっぽの考察」という記事も、この本を手がかりにしています。

筆者は、ペット指導者によくいる、「犬好きが高じて訓練士になりました・・・」みたいな人ではなく、

心理学者であり、動物行動学者でもあり基礎理論のしっかり根付いた専門家です。

その分、内容も分かりやすく、体系的・論理的に説明されているので、すっと頭に入ってきますよ!!

この本によって、これまで間違えて認識していた飼い犬の行動を正しく知ることができ、ほんのわずかな

期間ではありましたが、また信頼関係を取り戻せるような気がしました。

もちろん、今いるぽこにも、この本に書いてあることを大いに活用しています。




ちなみに、このネタ振りをしてくれたジェニーさんが好きな東野圭吾さんは、ぽこパパと同じ大学の出身です。

いつか、同窓会で会ってみたいものです・・・。

スポンサーサイト

| ぽこのネタがない! | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。