ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ドッグショー&公開訓練試験を見学




自宅近くで ドッグショー&家庭犬訓練試験 があると言うことで、早速様子を見にいってきました。

ぽこが受験のとき、犬がたくさんいる中で冷静に行動できるのかどうかも心配だし。

会場は、TBS緑山スタジオにあるオープンロケエリア。


さてさて・・・

朝、仕事が終わってから向かったので既にショーは始まっていて、ちょうどコーギーの審査中でした。

今回はペンブロークしかいなかったようだけど、ショーにエントリーするだけあって体型は

図鑑に出てきそう立派な子たちばかりでした。

それにみんな、笑顔がかわいい。


 
(クリックすると画像が大きくなります)



と、ショーの雰囲気を楽しんでいる横で、ソワソワ・・・ 足がプルプル・・・な、子が一人。



その名は、ぽこ ガーン



ぽこパパの不安的中です。

ものすごい数の犬、四方八方から聞こえる吠える声、独特の雰囲気にぽこは緊張気味です。

まぁ、もともと臆病だから、こうなるんじゃないかと・・・・・・ね。


ショーに関係のないぽこが、まわりの犬に迷惑をかけちゃいけないと思って、ぽこを

車に戻しているうちにコーギーのショーは終わってしまいました・・・。


あぁ~あ€・・・ もうちょっと見ていたかったのに。




さぁ~て。。。 気を取り直して、本日のメイン(ぽこパパ的に)。

家庭犬訓練試験はどこでやってるのかな??? 

キョロキョロしながら会場をぐる~っと1周。

ロケエリアというだけあって、会場周辺には無造作に大道具が置いてあるんです。駐車場の真ん中にお墓があったり。


 

(クリックすると画像が大きくなります)


セットの壁に「警官の血」とか書かれていたりして、「へぇ・・・」って感心しながら会場探し。


えーっと。。。 ほんとに試験してるのかな? 



あ、見つけました。

ショー会場からは駐車場をはさんで反対側の、その辺にある手入れをされていない雑草ボウボウの

公園みたいなとこで行われていました。




わかります???

車とダンプカーで砂埃が立ちまくりの奥で、ひっそりと試験は行われておりまして・・・

遠くからの見学になってしまいました。

道の向こうに行こうと思うと、試験会場のほんと目の前になってしまいます。

さすがにそれは、ちょっと迷惑だろうな・・・・ 気が散って不合格になってもいけないし。

っていうか、ぽこを受験させるときは近くに犬を連れた見物人はいて欲しくないと思うからね。


実際、試験を受ける犬は、みんなが余裕で合格できるレベルというわけでなく、

合格点ギリギリだろうなくらいの子が多かったです。


びっくりしたのは、審査員の私語が多いこと・・・。

近くを知り合いが通ると、大きな声で(ダンプカーが通るもので)話しかけているんです・・・

試験を受けている人も、ぽかぁ~んと口を開けたまま置き去りにされていました。



それにしても・・・。



ショー会場から離れているといっても大勢の犬の雰囲気に飲まれたままのぽこさん。。。

ぜんぜん落ち着きがございません。

いつもなら普通にできる、「あとへ」や「つけ」もここではできません。

これじゃあ、ダメだ・・・。

この雰囲気に慣れさせる練習もしなくては・・・。


数頭が受験して試験が終わったので、会場を借りてちょっとだけ訓練してきました。



ぽこの体高と雑草の高さ・・・ あまり変わらないでしょ?


ちなみに、試験会場はこんな感じです。



1辺が10mでコの字に張られたロープの真ん中に、「公開試験」と手書きで書かれた

紙を貼ったパイプイスがひとつ。

今回の試験は審査員のみでスチュワードはいませんでした。


訓練もいいけど、犬に囲まれても冷静に行動できる練習も必要だわ。




次回、我が家の近辺で公開訓練試験が同時開催されるドッグショーは、

11月16日(日)、相模湖ピクニックランドで行われる「大和中央愛犬クラブ展」

です。

できればいきたいなぁ。


スポンサーサイト

| ぽこの徒然なる日々 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。