ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

反省。

1日、大はしゃぎして遊び過ぎた翌日は、ぽこは必ずといって良いほど足を痛めてびっこ引いてしまう。

疲れているせいもあって、ぽこパパのベッドに横になって動かなくなってしまう。

今日もそんな感じ。


20120612-21.jpg


ぽこパパのお腹の上で、ずっとウトウトしている1日。

遊ばせ過ぎないように配慮しているつもりだけど、ついつい度を越してしまうこともしばしば。

飼い主として失格。反省。



もちろん、被害者はここにも。



20120612-22.jpg



お散歩にも行けず(今日は雨だからもともと行かないけど)、

ぽこパパに甘えることもできず

退屈そうな人がここに。

ほどほどにしておけば、今日も部屋でボール遊びをして楽しく過ごせたのにね。

ごめんよ。 ミルカにも反省。



そして、もうひとつ。

ぽこパパ、ミルカを引き取る前にも何度か、一時預かりのボランティアをしていたことがある。

ミルカも預かり期間に定めのない一時預かりの延長のような感じでいた。

だけど、実際には全く違ったな。


ぽことミルカ。


同じように愛情を持って育てているつもりだけど、どこかでぽこが最愛の子、ミルカはその次

というのが出てしまうらしい。ミルカの時折見せる寂しそうな表情がそう訴えている。

今日、足を痛めているぽこをかまっているときも、そのような表情を見せることがあった。

ぽこパパは、そんな表情を見ては2人を区別してはいけない! と思い直す反面、

この無意識におきる2人への愛情の差を、どのように修正すれば良いのか戸惑いも感じる。


たぶん、父も同じだったんだろうな。


ぽこパパの父は、ぽこパパがまだ小学生くらいのときの母の再婚相手でぽこパパと血のつながりはない。

このブログにたまに登場する弟たかひろは、その父の子。

弟が生まれてからは当然、父はぽこパパと接するときとたかひろに接するときでは全く態度が違っていた。

この家にお前は要らない。

たかひろに悪影響を与えるから、お前は家では口を開くな。

と言われたこともある。

そんな扱いの違いが嫌だったこともあり、ぽこパパと父との中はどんどん険悪になっていった。

でも、今思えば、そんな父も実の子と、母の連れ子であるぽこパパへの愛情の持ち方に

戸惑いや葛藤を持っていたのかもしれないな・・・。 彼は彼なりに苦悩していたのかも。

恥ずかしながら、ミルカを飼い始めたことでそんなことを考えるようになった。

いまさら遅いけどね。父は、ミルカを飼いはじめる数年前に他界してしまったから。

あの時はほんとに嫌いで、やっとこの世からいなくなったかと喜び葬儀に参列すらしなかったけど、

今年の夏はお墓参りくらいはしようかな・・・ と。


同じような思いをしたことがあるからこそ、ミルカにはそんな寂しい気持ちにはさせたくないんだよね。

ミルカ、ごめんね。もっと一緒にあそぼ。



スポンサーサイト

| ぽことミルカの徒然日記2 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。