ぽこみるか通信 ~2匹のしっぽコーギーの日常~

コーギーに似てますね?ってよく言われます。コーギーですけど?

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

伴侶犬という名のお仕事。

旅行から帰ってきたのに、いつまでも旅行の余韻に浸っているぽこパパです。

っていうか、浸っていないと暑すぎて何もする気になれない^^ゞ

あぁ、夏だけ車山に住めないかなぁ・・・



20120730-01.jpg



こちら、話の都合上、ブログに登場しなかった写真です。

さてさて。

最近、ひと月に一度はバルちゃん家にお肉を持って焼肉をすることが習慣になりつつあるわが家。

ぽこパパの弟のたかひろがお肉好きなので、この習慣が生まれたのだけど・・・

本日は平日ということもあり、たかひろは不在。

意味ねぇー!!



20120731-01.jpg



まぁ、いつも突撃バル家のごはん♪で、ぽこミルカを連れてアポなしで訪問しては

ごはんをご馳走になっているので・・・。 バル母へのお礼といったところでしょうか。

ただ、大食漢のたかひろがいないということで、肉の量は少なめ。



20120731-02.jpg



カルビとヒレのシャトーブリアン。どちらもA4ランクの山形牛。

ぽこパパ、この歳になってくるとカルビより、ロースとかハラミのほうが食べやすかったりする。

残念ながら、今回はお店のラインナップになかったんだな・・・



20120731-03.jpg



どっちでもいいから、早くちょうだい♪

って顔のぽこみるか。 まぁ、ヒレなら脂も少ないし、食べられるね♪



20120731-04.jpg



軽くあぶるように焼いたお肉を、ほれ・・・

まぁ、いつものことだけど、ミルカは真剣な顔。ぽこはにっこり♪



20120731-05.jpg



まずは、おねーちゃんから。

ミルカがわが家に来たころって、これでケンカが始まることが多かったです。

ミルカが自分の分をぽこに取られたって思うんでしょうね。ガウッ!ってしちゃってたんですね。

今は、ちゃんとガマンして待てるようになりました。

そういえば最近、犬のしつけについては「脱リーダー論」が流行りつつありますねぇ。

犬はリーダーなんて感覚は持っていない! というもの。

欧米ではもう10年以上前から言われていて、今では当たり前の話みたいですが・・・。

リーダーウォークも、マズルコントロールも、いわゆる服従訓練というのは

犬のしつけには必要がない! というものらしいです。



20120731-06.jpg



ただ、こういうごはんのとき、遊びのとき、それぞれに人と暮らしていくのに必要なしつけ

というのはあるので、犬のわがままを抑え、人の指示に従うと言うことを教える

日本で言うところの「ほめてしつける」みたいなのが良いらしいのだとか。

昔は狼の行動学を犬にも当てはめていたのですが、最近は犬と狼とは違うよね?

ってところから、犬自身の行動学の研究が進められた結果だとか。ただ・・・

犬の行動学の研究が進んできたからというよりは、なんていうんだろう。

犬自体は昔から何も変わらないわけですが、人間が犬とのかかわり方を勝手に

変化させてきたために、いわゆるしつけの仕方も変化してきていると言ったほうが

良いような気がします。犬と接する人間にとって、どう考えるのが都合が良いのか。

ただ、それだけのような気がします。

使役犬として利用していた頃は、犬の感情なんてものより、いかにして人間の

指示に従わせるか、というアプローチでの研究だったろうし

今は伴侶犬として、人間にどれだけ癒しを与えられる存在に仕立てるかという

アプローチで研究が進んでいるというだけのような気がします。

力づくより褒め殺し。そのほうが癒しを求める人間に都合が良いだけ。

そう思うと、なんだか可哀想になりますけどね。

人間に癒しを与える仕事を請け負わされた「伴侶犬」という名の使役犬なわけですから。

獲物を追う代わりにボールを追わされ、着たくもない服を着さされ

吠えたくても吠えられなくて、歩くときも人間の横にペースを合わせてあるくことを

強要される。いつもニコニコ笑顔を見せなきゃいけないしね。




20120731-07.jpg



こうやって、ニコニコ笑顔を見せて楽しんでくれている♪

と思っているのは人間だけなのかもしれません。

ほんとは1日中、大草原を駆け回って遊びたいのに人間の「伴侶犬」という仕事を

請け負わされているばかりにそれができない。

人間だってそうですよね。どんな最悪な状況に落ちていったとしても、その中で

ちょっとしたささやかなことに楽しみや幸せを見つけ出して、

なんとか前向きに生きようとするものです。



20120731-08.jpg



おまえたちは、大丈夫か? そんな風に思っちゃいますよね。まぁ、ぽこパパは・・・

「うちの子は、私と心が通い合っているし、私といることが幸せだと思ってくれている♪」

そんなことを言う飼い主さんを見るたび、

ほんとかよ・・・

って、いつも思ってしまうんですよね・・・。

今日も伴侶犬という名のお仕事、ご苦労さまだね・・・って。



20120731-09.jpg



特にバルちゃんを見ていると、ほんとそう思う・・・。









スポンサーサイト

| ぽことミルカの徒然日記2 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。